スワームシステム部会・TOP

担当分野

本部会では,単一の個体あるいは物体がそれ自体で持っている能力をはるかに超える能力や特性を群れ(スワーム)を形成することにより発現する現象,またはそれらの構成法や解析法を含み,群れ(スワーム)関連のシステム分野を担当する.動物行動学あるいは進化生態学などの生物学分野では,群れは個体が緊密に集まった状態で何らかの個体間相互関係が成立している集まりと解釈されている.しかし,その群れの行動は予測困難な場合がほとんどである.例えば,ムクドリの群れがねぐらへ帰るときに見せる群れ行動,社会性昆虫のアリに観測される役割分担や利他的行動など,いまだに学説の域にある.しかし,近年,大量のデータ解析に基づく行動数理モデルが構築されつつあり,大きなブレイクスルーが期待される.本部会では,これら現代的生物学知見が適用できる自律分散システム設計論の構築を目指し,スワームシステム分野の開墾を担当する.

設置目的

スワームシステムのような草創期にある学際領域においては,それに興味をもつ研究者はさまざまな分野に分散しており,互いの連携が取りづらいことが足かせになっている.そこで,これらの研究者が一堂に会して互いのビジョンについて自由闊達に語り,最新の研究成果や内外の動向などの情報交換ができる場の必要性を感じ,2011年にスワームロボティクス調査研究会を発足させた.これまで3年間の活動を通し,本領域の潜在能力の高さや学際的な広がりを認識できた.引き続き,この全貌が未知である新学術領域の基盤を確立させ,さらに持続的に発展させるためには,部会を設置して活発な活動を継続していくことが必要である.本部会では,主に定例研究会の開催およびオーガナイズドセッション等の企画により,この領域の基盤づくりを行う.定例研究会では,研究成果や進捗の報告,専門家を招いての勉強会,研究相談やオープン問題に関する討論,公開セミナー等を行う.定例研究会のうち一回は,より深い討論が可能なように合宿形式とする.

活動実績

2018年

OS企画

  • 6月5日・ロボティクス・メカトロニクス講演会2018:スワームシステム(発表10件)

運営委員会

  • 6月5日,西日本総合展示場 AIM

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-19 (金) 20:54:12 (1208d)